彩編成

撮るものが偏りつつある

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

第20編成目 東急5101F

5101F
東急5000系トップ編成。この編成には6ドア車両が組み込まれそうなこともあったが現在も登場時のオール4ドア編成を保っている。
2001年東急車輛製造
撮影日:2011/2/23
撮影地:つくし野~すずかけ台
スポンサーサイト
  1. 2011/03/31(木) 11:11:11|
  2. 編成集
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第19編成目 東急5119F

5119F
この編成も東急車輛出場時は上の帯は貼られなかったが後にピンク色の帯が貼られ東横線に転属された。2008年に新造された車両と2003年に製造された車両とコルゲートの色が微妙に違っているとか。
5119~5319、5619~5819(5019→5819) 2008年東急車輛製造
5419(5706→5409)、5519(5606→5410) 2003年東急車輛製造
撮影地:2011/1/28
撮影地:代官山駅
  1. 2011/03/26(土) 19:19:19|
  2. 編成集
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第18編成目 東急5118F

5118F
東横線で活躍している5000系の1編成だ。東急車輛出場時は上の帯は貼られなかったが後にピンク色の帯が貼られた。中間車2両が元5000系だった編成で2両だけ行先表示機が3色LEDで異彩を放っている感じだ。
5118~5318、5618~5818(5018→5818) 2008年東急車輛製造
5418(5304→5804)、5518(5604→5407) 2003年東急車輛製造
撮影日:2011/1/28
撮影地:代官山駅
  1. 2011/03/24(木) 18:18:18|
  2. 編成集
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第17編成目 東急5122F

5122F
緑色の帯で登場し田園都市線内で試運転を行ったが数ヶ月営業にいれず検車区内に放置されていた。後に緑色の帯が剥がされピンク色の帯が貼られ現在は東横線で活躍している。
5122~5422、5622~5822(5022→5822) 2008年東急車輛製造
5522(5417) 2008年東急車輛製造
撮影日:2010/12/23
撮影地:多摩川駅
  1. 2011/03/22(火) 11:11:11|
  2. 編成集
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第16編成目 東急5121F

5121F
5000系6ドア編成の中で最後まで1編成に2両の6ドア車両を組み込んでいた編成。基本的に朝の「39Kゥ」しか運用に入れてもらえなかったこともあった。2010年夏頃に6ドア車を抜き東横線に転属された。
5121~5421、5621~5821(5021→5821) 2008年東急車輛製造
5521(5420→5541) 2008年東急車輛製造
撮影日:2011/2/25
撮影地:綱島駅
  1. 2011/03/21(月) 21:21:21|
  2. 編成集
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

まるK

Author:まるK
関西、名古屋にしか行ってないような

カウンター

カレンダー

02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

JR北海道 (2)
JR東日本 (34)
JR東海 (9)
JR西日本 (3)
JR貨物 (7)
東急 (131)
東横線 (35)
目黒線 (5)
田園都市線 (47)
大井町線 (19)
池上線・多摩川線 (7)
世田谷線 (0)
関東の大手私鉄 (91)
小田急 (36)
中部・関西の大手私鉄 (31)
名鉄 (11)
北海道・東北の民鉄 (0)
関東の民鉄 (14)
横浜高速鉄道 (7)
中部の民鉄 (12)
関西の民鉄 (11)
中国・四国・九州の民鉄 (0)
バス (10)
陸送 (5)
8622Fが好きだ。 (17)
コラボ企画 (3)
編成集 (28)
未分類 (1)

このブログの説明

◆ブログについて
気ままに更新中です。

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。